いぼ切除の相談【信頼できる医師を見つける】

女性
鏡を見る人

違いを知ることが大切

いぼ切除を行っていくということであれば、どんなクリニックを利用するのかということがとても大事です。クリニックの違いを知っておくことでとても大きなメリットを期待することが出来ます。費用なども重要なポイントです。

看護師

皮膚科に相談しよう

いぼの切除は痛みが伴うと心配してしまう人が多いのですが、痛みのない治療法もあります。引っ掻いてしまうとウイルスが広がり、新しいいぼが出来ることもありますので注意が必要です。クリニックを受診して相談しましょう。

失敗しない選び方

レディ

綺麗に取り除きたい

いぼを切除したいと思った時に悩むのが、どこのクリニックで施術を受けるかです。いぼの切除にも色々な治療法があり、それぞれの症状に合った治療法を選択することが大切です。信頼できる医師を見つけるためには、実際にクリニックでカウンセリングを受けて対話することが大切です。事前のカウンセリングなど無料で行っているクリニックがありますので気軽に問い合わせして下さい。実際に受けたカウンセリングが丁寧かどうか、自分の希望や悩みにきちんと答えてくれているのかを判断します。実際、雑誌や口コミなどの評価が高く知名度が高いクリニックは、平均点以上のクリニックと考えても大丈夫だと言えます。雑誌などで取り上げられている美容医療クリニックは、業界内でも評判が高く利用者の満足度が高い所に限られるためです。また設立から何年経っているのかどうかです。技術があり信頼できる医師であるからこそ、長年続けられている実績があると判断できます。また料金設定が明瞭になっているクリニックは安心して任せることができます。施術後に追加オプションなどを請求されることがあるため、カウンセリング時にきちんと費用を確認して、はっきりとした回答ができるクリニックを選ぶほうが良いでしょう。いぼの除去方法はいくつか種類があります。サイズが小さいものならばエルビウムヤグレーザー、CO2レーザーなどで1回の除去施術で完了します。レーザーでの施術は痛みが少なく麻酔もなく、簡単に治療できるため人気があります。レーザーの照射テストをして、その治療法が体質に問題がないかどうかを確認する必要があります。テストで問題がなければ、費用の見積もりなどを出すことになります。施術終了後はしばらく冷やして、炎症予防のための薬を塗ります。複数個の施術を行う場合でも、短時間で終了します。いぼ除去の施術後は多少の赤身が残る場合があります。数日の間専用のテープを貼り過ごすことがありますが、洗顔やお化粧などをすることができます。いずれも数日で綺麗になる場合がほとんどです。いぼのサイズが1センチ以上の大きいものは、「切除縫縮法」を用います。医療器具で切除して、再度皮膚を縫合する施術方法を行います。この方法であれば1週間後に抜糸する必要があり、抜糸後もしばらくは薄い痕が残ることが多いです。様々なケースに応じて、どの治療が必要になるかはカウンセリングを通して医師ときっちり相談し合うことが大切です。施術後1から2週間後経過した後再度傷跡を確認して問題なければ、ほとんど治療終了になります。

カウンセリング

きれいな仕上がりが特徴

いぼは皮膚の薄い部分に出来やすいですが、ウィルス性の場合は自分で切除をすると広がってしまうので避けて下さい。美容外科や美容皮膚科のクリニックでは、液体窒素や炭酸ガスレーザー、電気メスなどのいぼ切除が受けられます。

顔を触る人

皮膚の問題と向き合う

お肌にできてしまったいぼの問題はクリニックを使えば治せますが、切除の方法は複数あるので理解がいります。また治療を受ける時にかかる時間や、保険を使えるかどうかも重要なので医師とよく話し合っておくべきです。